翻訳 translation

最新のICT技術って、、

ICT

最近こんなツイートを見ました。

本当にICTに対する認識って人それぞれなんだということを感じた投稿でした。ここではICTが必要か必要ではないか、またはどの程度必要かなどの話はおいておきます。私がここ数日感じたことをみなさんとシェアしたいと思います。

最新のICT技術をのぞいてみると、、

さて、ご存知のかたもいると思いますが、私ここ数日音声合成のためのソフトやサービスを探すためにいろいろ調べていたんです。そして最終的に見つけたのがIBMのワトソンというクラウドコンピューティングサービスです。それは簡単に言ってしまうと非常に大きくて優れたコンピューター、ワトソンに自宅のパソコンからインターネットを介して繋げ、その力を借りて何かをするというサービスです。そこでどんなことができるかと言うと、テキストを音声化するサービスや、音声をテキスト化するサービス、他にもAIを利用した情報処理などを行うことができます。そんなの前からあるじゃないって思う人もいるかもしれません。確かにそうです。何年も前からそうしたサービスはありました。でも違うところがあります。それはその精度とその敷居の低さ、そしてその自由度の高さです。

まず、この音声を聞いてみてください。

明らかに数年前のものとは違いますよね。それから音声をテキスト化するのもそうです。実際にこの文章の9割以上は音声入力で書いています。そう、これほどまでに精度が上がっているんです。*1それ以外にもAI=人工知能なんていう言葉自体は私が子供の頃からありましたが、今はディープラーニングを利用することで、AIがデータから学習できるようになったというのは皆さんもご存知だと思います。また、これまではそれらのサービスやソフトは一つの機能のものが、単体としてしか使えませんでした。例えば一般の人は音声合成のソフトは音声合成の機能のソフトとしてしか使えませんでした。

では今現在はどうなんでしょうか。今は数年前よりもはるかに「優れた精度」で、それらのものを「組み合わせて」何かを作ることということが「一般の人」でも、できるようになってきているんです。例えば私はプログラミングはほとんどできないと言ってもいいほどです。HTMLが書ける程度で、その他のことは他からのコピペで何とかごまかしている程度です。それでもなんとかほんの一部のサービスとは言え、これを使うことができます。それってすごいことじゃありませんか。

*1昔 ViaVoiceやドラゴンスピーチなどを使っていましたが、隔世の感があります

じゃこれを利用してどんなことができるのか

では、どんなことができるのでしょうか。初級というかA-1程度の会話ならAIと普通に話すことができるようになるかもしれません。いや、ある程度の精度のものならできると思います。どんな仕組みになるかというと、音声認識で学習者が話したことをテキストに落とし、それを分析する、そしてその発言や質問に対して適当だと思う発言や質問を文字として出力し、それを音声合成で学習者に聞かせるという流れになると思います。それをクラウドコンピューティングサービスを介して、一つのサービスとして学習者に提供することが、普通にできるようになるということなんです。

そして、その中で間違えた言い方などを指摘して、その説明や練習問題を提供することなんていったこともできるかもしれません。それから豊富な勉強のリソースを提示していき、その中からその学生に合った学習方法を提示し、より楽しく簡単に学んでいくことができるカリキュラムをAIが作るようになる日はそう遠くは無いように思います。*2「遠くはない」ではないですね、、すぐ来てしまうかもしれないんです。

*2 このサービスはSNSなどの発言などからサービス利用者の好みを理解した上で旅行を提案するサービスのようです。

嘘だあと思う人は、、

嘘だあと思う方はぜひここからリンク先に行ってみてください。「Watson×Unity!初心者でもできる、VR 空間で Unity ちゃんとおしゃべりアプリ!」というページに飛ぶと思います。軽いノリで書いてありますが、これってとんでもないですよ。そしてこの中には先ほども書いた音声合成や音声認識の他に自然言語で対話可能なアプリケーションを構築するツールWatson Assistantが使われています。ここの説明でもわかる通り、限定された状況なら十分使えることがわかってもらえると思います。

いかがでしたか。ICTはここまで来ています。本当にすごいですよね。そして、これらがどんどん進んできたときの教師の役割は、、? いや、その話はやめましょう。でも、一つだけ、、
私は今後どんな状況になっても教師は必要だという立場の人間ですが、今後教師に必要となる資質はなんなのかなと、もう一度考えたいと思います。それから、みなさんの意見もお聞きしたいです。ぜひご意見お聞かせください。

コメント