翻訳 translation

難訓練

避と言っても九月一日に日本全国で行われるような地震のための避難訓練じゃなくて、空襲を仮定した避難訓練です。いつもは非常に交通量の多いこの道路(台中市中港路)もご覧の通り全然車が走ってません。主な交差点には警察官が待機しており、走っている車には30分の訓練時間の間は一時停止するように指示するんです。まあもっとも隠れて走っているバイクなどもあるのですが。。一応、いつからいつの間に行われるという告知はあるのですが、ニュースなど見ていないと気がつきません。私が台湾に来たばかりのときなど、何も知らずに散歩しているときに訓練が開始されひどい目に遭いました。そのときは夏の真っ盛りで非常に暑い中、30分間ぐらい交差点で足止めされ、危うく熱中症になりかけてしまいました。私が来たばかりのときは、自由選挙による李登輝前大統領の次の年ということもあり、非常に厳格であったこの訓練も、年々真剣味が薄くなってきてはいます。とはいえ、このような訓練は実際にいつ戦争状態に陥ってもおかしくないと言うこの国の現状を思い出させます。台湾の人に聞くと「たぶん大丈夫だよ」と言う人が結構多いのですがね、、、この「たぶん」の恐ろしさは今度サース顛末記で書きます。

日本語教育
スポンサーリンク
シェアします? 要分享嗎? share it?
AbeKimihikoをフォローする
学びの牧場 -楽しい日本語の学びを支えよう-

コメント